カテゴリ:風景( 23 )

世の中知らないことが多い

d0177875_13451462.jpg


千葉の佐倉にある川島記念美術館に行ってきました。
この日は予定外の行動でした。
やはり、カメラは常に持ち歩くべしです。
ここは敷地内にあるレストランのエントランスです。
この一枚は、カミさんのOLMPUS PEN E-PL1を借りて撮りました。


d0177875_13481217.jpg

美術館もさることながら、レストランも良し、自然散策路もありで、
こんないい所があったんだと自分の視野の狭さに驚きました(^^;
仕方がないので携帯電話のカメラで数枚撮っただけに終わりました。
また、いつの日か訪れることにしよう。
[PR]

by snapshot-graph | 2011-07-20 14:11 | 風景

スケッチ

d0177875_13343079.jpg

小雨の降る午後の公園。
睡蓮をスケッチしていた二人。
相合傘になっていないのが気になりました。
そんな光景をカメラでスケッチさせてもらいました。
[PR]

by snapshot-graph | 2011-05-30 13:40 | 風景

気持ちだけは

d0177875_15161913.jpg
特に今年になって大変な出来事が多いです。
気持ちだけは明るく持ち続けたいものです。
いつかきっと良い日が来ることを祈りながら。。。


d0177875_1517198.jpg

空はいつも気持ちを広くさせてくれます。
[PR]

by snapshot-graph | 2011-05-12 15:22 | 風景

熊本紀行番外編

d0177875_149588.jpg

ここは、闇り通路(くらがりつうろ)といって熊本城本丸御殿への正式な入口です。
本丸御殿は2つの石垣を跨ぐように建てられたため、地下通路があります。
このような地下通路を持つ御殿建築は全国にもあまり例がないそうです。
静かな、いい雰囲気の場所でした。

今回の旅では懐かしさを追い求めるあまり、今はない昔の風景を
探していたような気がします。
どんな場所でも半世紀も経てば変化するのはあたりまえであり、
むしろそれが繁栄の証かもしれません。



ふるさとは遠きにありて思ふもの
そして悲しくうたふもの
よしや
うらぶれて異土の乞食となるとても
帰るところにあるまじや
ひとり都のゆふぐれに
ふるさとおもひ涙ぐむ
そのこころもて
遠きみやこにかへらばや
遠きみやこにかへらばや

室生犀星 [小景異情ーその二] より
[PR]

by snapshot-graph | 2011-05-08 14:45 | 風景

熊本紀行9

いよいよ帰路につく日がやってきた。
飛行機は最終便にしたものの、去りがたい気持ちと出発時間に間に合わせなければならない気持ちが入り混じった複雑な気持ちになった。
d0177875_1383215.jpg


どうしても行きたい場所があった。
ここは、日本名水100選にもなっている菊池渓谷です。
もちろん、ちょいの間で行ける場所ではないことは分かっていたのですが・・・
空気の美味しさと水の綺麗さは抜群でした。
d0177875_13102526.jpg



身支度が不十分な事と少し肌寒さを感じたので
入口だけ、ほんの触りだけを見て引き上げる事にしました。
d0177875_1311363.jpg


d0177875_13121837.jpg

後ろ髪を引かれながら、熊本市内には戻らず直接空港に向かいました。
お約束のように、今回の旅の締めくくりに二人で馬刺しを頂いたのでした。

(1枚目と4枚目の写真は運転中であったため、カミさんの写真を拝借しました。)
[PR]

by snapshot-graph | 2011-05-07 13:42 | 風景

熊本紀行8

d0177875_186968.jpg
ここは花岡山という標高133mの熊本駅から程近い丘です。
写真に写っているのは仏舎利塔(ぶっしゃりとう)といって、頂上にある建造物です。
インドのネール元首相から世界平和の祈願をこめて寄贈された
御仏舎利(お釈迦様の骨)と第二次世界大戦における県下の戦死者の
御霊石を納めてあります。私が小学校に入学した年に建造されました。
また、加藤清正もここから熊本城築城のために石を切り出し運んだと言われています。
今は頂上に上る途中に住宅もたくさんありますが、LHが何軒もあるのが
とっても残念です。
やはり、昔は遠くになりにけりですね。


d0177875_1833343.jpg

花岡山からは市内が一望できます。
が、もう昔の光景はありません。
新幹線が通り、高層マンションが建設されています。
時代は昭和から平成になっているのですよね。
[PR]

by snapshot-graph | 2011-05-06 18:48 | 風景

熊本紀行7

d0177875_19355518.jpg

いよいよ水前寺公園に来ました。
子供の頃、ここの近くに住んでいたので熊本に訪れるたびに足を運びます。
昔は無料だったので言わば、遊び場所でした。
富士山に見立てた山から滑り降りて管理事務所からマイクで怒られていた記憶があります。
ここは懐かしさの権化です。
夜は夜で「かくれんぼ」をして、鬼になったら最後、もう自分で諦めて帰宅するまで鬼のままでした。


d0177875_19441471.jpg

そして、公園内にある出水神社(いずみじんじゃ)。
この階段は小学校2年に進級(4月)した時に皆で並んで写真を撮った記憶があります。
写真撮影は、もちろん学校の行事です。


この水前寺公園の参道で「いきなり団子」を食べた後、
あるはずもない家を求めて、その昔暮らしていた所へ通じる道を歩いたりしてみました(^^
[PR]

by snapshot-graph | 2011-05-05 20:09 | 風景

熊本紀行6

d0177875_6345899.jpg

旧細川刑部邸・監物台樹木園を見物した後、付近を散策したのですが、
城内にあった図書館もプールもなくなっていたりで「時代」を感じたのでした。


d0177875_7215079.jpg

しかしながら、子供の頃にはなかった天守閣ができていたり、
築城400年事業で沢山の施設が復元したことは嬉しい限りです。
満遍なく見て回るには相当の日数が必要。
今も絵地図を眺めながら、もう一度行きたいなぁ~
いえ、帰りたいなと思うのでした。


d0177875_723437.jpg
夜は桜子さんに予約して頂いた本丸御殿の大御台所二階で「本丸御膳」を頂きました。
200年前のお殿様はいつもこんな食事だったのかなぁ~と
思いを馳せながら・・・
しかし武家の儀礼的な料理で毎日の食事は質素なものだったそうです。
(写真がうまく撮れなかったので本丸御前HPにリンクしました(^^;)












More 熊本城の雄姿です
[PR]

by snapshot-graph | 2011-05-04 07:37 | 風景

熊本紀行5

d0177875_15444293.jpg
4日目のお昼近く熊本市内に戻り、お友達と会った。
blogを始めるずっと前、ネットで知り合った熊本の音楽家 桜子さんと
熊本の写真家 豊永和明さん。久しぶりの再会です。
以前に太平燕を食べたいなと言っていたので、
桜子さんが予約していてくださった下通の紅蘭亭で待ち合わせしました。
確かにコクがあり美味しかった(^^v

昼食後はいよいよ熊本城へ。。。
先ずは「城彩苑」で名産品を物色した後、湧々座で
お芝居や時空を越えた熊本城の再発見でした。


d0177875_16103661.jpg



夜まで、まだまだ時間があるので、旧細川刑部邸へ。。。
d0177875_16171062.jpg
細川刑部少輔家は、肥後に入封した細川家第三代(肥後藩初代)・忠利公の
弟興孝が刑部少輔に任じられて興した家です。
細川一門の中でも特に重用されたようです。

唐破風の玄関の屋根、別棟に書斎のついた茶室などがあり、
風雅な上級武家屋敷としての格式をもっています。
のんびりと長時間居たい場所です。

More 旧細川刑部邸は見所も多いです
[PR]

by snapshot-graph | 2011-05-02 16:48 | 風景

熊本紀行4

d0177875_16503931.jpg
ここはフラワーヒル菊池高原です。
カミさんが花が好きなのでと、連れて来てもらいました。
菊池渓谷に隣接する標高650mの菊池高原に、50万㎡の広さは
九州最大級のスケールだそうです。

愛の鐘~フェアリーカリオン~
愛に満ちている人がこの鐘を背景にして写真を撮ると、
花の妖精が一緒に写るそうですが、我々は満ちていないので撮りませんでした(^^;


d0177875_1762292.jpg



d0177875_178188.jpg


d0177875_17113974.jpg

そして、お約束のように神社参拝。
菊池神社といって、皇室に忠義を尽くしてきた菊池一族を称えて、
明治天皇が菊池氏を顕賞し祭祀を行うよう命じられた神社です。

この後は山鹿というところへ移動。。。
温泉に浸かり、叔父と酒を酌み交わし、夜が更けました。
[PR]

by snapshot-graph | 2011-04-29 17:22 | 風景